作成者別アーカイブ: gf080616

iphone6

iphone6 plusに引っかけた面白いキャンペーン

斎藤です。
東京の自宅より。

先日、iPhoneを5から6に機種変更した。
画面が大きくバッテリーの持ちもいいiPhone6は魅力的だったのでiPhone6 plusにしようかと思っていた。
が、実際に店頭で見て、手にとってみたらちょっと大きすぎることが判明。
これではポケットに入れて持ち歩けないなと思えた。
それに、供給量が追いついていないようで、注文数は6のほうが多いようだが、店頭に在庫が一切ない状態。
予約してもいつになるかよく分からないということでなかなか手に入りにくい。
ということで、私はplusをやめてiPhone6に変更することにした。

さて、iPhone6といえば、とりわけplusについては、その大きさが災いしてか曲がってしまうなんてことが話題になったり、ポケットに入らない?なんて心配する声も。

そんな中、オランダのアムステルダムにて面白いことをやった企業が現れた。
なんと、発売日にアップルストアに並んでいる列に突如「仕立屋」が登場したのである。
何をしにきたのかというと、ズボンのポケットを拡張しますというオファーを出しにきたのだ。

実際の映像はこちら。

Now your iPhone 6 Plus will fit perfectly in your pocket! from N=5 on Vimeo.

よく考えたものだと思ったし、実際にやってしまうあたりが面白い。
でも、これはオランダの通信業者のKPNという会社がやったこと。
なので、宣伝効果はあったにせよ、本業と関連がないのでイマイチ伝わりにくそうな気はする。

孫正義氏がSoftBankを伸ばした、
ビジネスを軌道に乗せる方法

さてここで重要なポイントは、ビジネスを機動に乗せたいのならトレンドに載せるとスムーズだということ。
孫正義氏もSoftBankを創業した頃に流れを重視したし、ソフトバンクアカデミアの中でも流れの話をしている。

そして、トレンドに乗るととてもスムーズに進めやすくなる、というのは自分の経験からも分かる。
例えば、卓球のビジネスをやったときにそれを感じた。
当時、世界卓球がたまたま開催され、検索数が上がって売上も大幅アップしたのである。
これはトレンドというか一過性のものなので、正確ではないけれども業界の流れを感じた瞬間だった。

流れに乗るということは、当たり前といえば当たり前だが、自分のやりたいことに意識が行き過ぎると独りよがりになりがち。
相手あってのビジネスなのに、我が道を行きすぎて見向きもされないなんてことになりかねない。
だから、世の中の流れをいつも感じられるようにするためにも、いろいろと外に出るのはお勧め。

一人○○

なぜ、一人○○が売れるのか?

斎藤です。
上野から茨城に向かう特急列車の中より。

実家に帰るために上野から特急列車に乗った。
終点は電車によって変わるのだが、今回は、終点の駅が実家の最寄り駅なので、終点まで乗ることになる。

さすがに年始だけあって車内は大きな荷物を持った人で混雑していた。

が、水戸を超えてどんどん北に行くにつれて乗客が減っていき、終点前には他の乗客は一人くらいになってしまった。

人が減っていくのは寂しい感じがしたが、この「一人」が、ビジネスの市場として注目されている。
 
 
 
こんな一人○○も
 
 
 
いつ頃からか一人カラオケ、一人鍋、一人豪華旅、など、いろんな一人○○が騒がれるようになっているので、あなたも何かしら聞いたことがあるはず。

これらは今も好調で、一人カラオケは店舗を増やしており、一人鍋セットも定番化する予定らしい。

一人旅行も好調。
ほかにも一人家飲み用の高級缶詰めも売れている。

また、年末に向けて放送されていたゲーム機のCMのような家族団らんとは真逆の、一人専用の豪華なテレビも開発されている。

さて、実はこの一人○○にはビジネスアイデアを考えるためのヒントが隠れている。

単に一人○○が流行っているから、私も、、、と飛びつくのもいいとは思うが、もう一段階考えて見ると応用がもっと利くものと思う。

それは、、、
 
 
 
一人○○が生まれた理由
 
 
 
ここのところLINEやFacebookなどのSNS、シェアハウスなど、つながりがキーワードになっている。

が、それに疲れてしまう人もいるし、中には「つながりすぎ」と考える人も。

グーグルやフェイスブックなどの最先端の企業をモデルにしたような会社の小説
ザ・サークルがアメリカで話題になっているが、
その背景には、「つながり」によってだんだんとプライバシーが無視されてしまうような感覚があるように思う。

なので、そうしたつながりの反動として一人○○がブームになってきている、と分析する人もいる。

つまり、何かしらのブームの影には、反対の需要が高まる、ということ。

新しい年に何かビジネスをやりたいと考えるのなら、逆張りするのも1つ手かもしれない。

そういうと、とにかく逆をやればいい、と短絡的に考えてしまう人もいるが、それは失敗の典型例である。

ニーズがないのに逆張りしたところで、失敗街道を突き進むだけなので、「ニーズ」は常に考える必要がある。

●「消える職、残る職」10年後の働き方と稼ぎ方

●「消える職、残る職」10年後の働き方と稼ぎ方
 
斎藤です。
神楽坂のカフェより。
 
今の時代、ひと昔前と違ってどんどん変化が激しくなっています。
果たして10年後は一体どうなっているでしょうか?
 
日本では5年で30万人以上がいなくなった職があったり、
どんどん給料が安くなっているような職もあります。
 
会社勤めで会社からの給料を当てにするのではなく、
自分の力で収入を得られる力を身につける、
これが重要だということを私自身思っていますし、
必要になっているように思います。
 
未来のことはどうなるかは誰も分かりませんが、
現在のデータを見るといろいろと分かってくることもあります。
 
例えば、ワークシフトという本があります。
著者は、英タイムズ紙から
「世界のトップビジネス思想家15人」
に選ばれている女性です
 
ビジネス書大賞2013の大賞に選ばれた本ですので、
あなたも読んだか本屋さんでみかけたかもしれませんね。
 
その著者が10年後の働き方、稼ぎ方についてこんなことを話しています。
 → http://president.jp/articles/-/9180
 
今や、高学歴であれば大丈夫、大企業に勤めて安心、
という時代ではありません。
 
でも、どうしたらいい?
 
という問いにこんな見解を示しています。
 → http://president.jp/articles/-/9180
 
 
いずれにしても、自分の力でビジネスを立ち上げられるような力があれば、
いつの時代でもやっていけるでしょうね。
人が存在する限り、時代が変わってもニーズはなくなりませんので。
 
 

●ついに登場、これがGoogle Glass!話題の新デバイスが公開

斎藤です。

 

 

ここのところ、Googleの新しいデバイス、

Google Glassが話題ですが、

開発者用の実物を一足早く手にした人がいます。

 

 

こんなのです。

 → http://jp.techcrunch.com/2013/04/19/20130417a-day-with-glass-first-impressions-of-the-early-days-of-googles-latest-moonshot/

 

 

 

Google Glassを見ると子供の頃を思い出します。

 

 

子供の頃、家の隣にある親戚のお兄さんの家に

よく遊びに行っていました。

 

 

暇になったときに、すーっと隣の家に行くと、

お兄さんがいるときは、私に気づいて

手招きしてくれることがあって、

よく遊びに行っていました。

 

 

玄関から二階に上がっていくと、

ちょっと広めの10畳くらいの部屋があって、

子供の頃の私にとってはそこはもう楽園のようでした。

 

 

そのお兄さんの家に行くと、

ファミコンがあったり週刊少年ジャンプがあったり、

ガン消しがあったりで、家にないものもたくさんあって

遊びに行くたびに楽しくてしかたない、という状態でした。

 

 

私と世代が違うとなかなか伝わらないとは思いますが、

特にその頃はドラゴンボールが人気で、

私はジャンプでも単行本でもよく読んでいました。

 

 

そのドラゴンボールの中で、

あるとき、1つの画期的な装置が登場します。

 

 

相手の強さが数字で計測できるという優れものです。

 

 

私と同世代の人であれば、ピンとくると思いますが、

「スカウター」ですね。

 

 

「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミめ・・・」

 

なんていうセリフ覚えている人もいるはずです。

 

 

なので、Google Glassを見ると形は違うものの、

どうしてもスカウターをイメージしてしまいます。。。

 

 

ちなみにGoogle Glassは、

スマートフォンの代わりになるようなものではないそうです。

動画などをYouTubeで見るようなものでもなければ、

パソコンの代わりになるようなものでもない。

 

 

じゃあ一体に何に使うのかはこちら。

 

 → http://jp.techcrunch.com/2013/04/19/20130417a-day-with-glass-first-impressions-of-the-early-days-of-googles-latest-moonshot/

 

 

 

 

 

「スカウター」のように

子供の頃の記憶というのは強烈で、

ビジネスにもしっかり生かされています。

 

 

もろに30代の男をイメージしている例は、

パチンコやパチスロの業界でしょうね。

 

 

30代の子供の頃は他にも、北斗の拳、聖闘士星矢、

キン肉マンなども人気でしたが、ものの見事に全部

パチンコやパチスロにあります。

 

 

よく自分の商品を誰にでも売りたい!という人がいますが、

狙いを定めないと相手に響かなくなるのは、

この例からもよく分かると思います。

60代の人に「スカウター」なんて言っても、おそらくは通じません。

 

 

一方で、30代の人に「吉永小百合」と言われても、

有名人なので知ってはいるでしょうけれども、

昔を思い出す、なってことはないと思います。

 

 

狙いを定めなくても全員に売れれば、それに超したことはないですが、

現実問題、なかなか全員の関心をひくようなことはないでしょうから

ビジネスをやるなら一番に誰に売るのか、を考えたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

ミャンマー投資で資産を増やす方法

おはようございます。
廣瀬です。

今日は、ビジネスの話というよりも、
どちらかというと、ビジネスで作った資金を
どうやって運用するのか?

そういうお話を、話題のミャンマーに乗せて
お届けしたいと思います。

先日、ミャンマー投資の第一人者・上条詩郎氏を
お迎えして、ミャンマーに関するセミナーを開催いたしましたが、
東京で200名、大阪で80名と、満席にお集まりいただきました。

そこでも、多くの質問をいただきましたが、

「ミャンマーのチャンスは、自分にとってもチャンスなんだろうか?」

「ミャンマーが話題ではあるが、現実的に
自分の資産を殖やすことに使えるのかどうか?」

やはり気になるのは、
そういう事なのではないかと、思います。

世の中のミャンマー関連のニュースを見ても、

正月早々から、麻生太郎副総理兼財務相がミャンマーを訪問して、
日本の立て直しは、ミャンマーがカギだ

とか、

日本がミャンマーに巨額の投資をして、開発を進める

とか、

コカコーラや、ペプシコーラがミャンマーに進出しはじめた

とか、

大きな話は、多いですが、

実際に、自分のビジネスにどう活かせるのか?
自分の資産運用に、どう活かせるのか?

これに答える情報は、ほとんど無いのではないかと思います。

そこで、今日はミャンマー投資について、

私が上条詩郎さんに伺って、
ミャンマーにどんな投資をすると、どんなメリットを得られるのか?

それをまとめてみましたので、役立てていただければと思います。

ミャンマー投資には、大きく分けて

1.不動産投資

2.株式投資

この2つがあります。

そして、1の不動産投資は、

A.サブリース

B.コンドミニアムの購入

の2つしか、今のところなく、

2の株式投資は、

C.ミャンマー国内株の購入

D.ミャンマー株の購入

E.ミャンマー関連株の購入

の3つしか無い、ということになります。

あとは、ミャンマー関連の社債の話にも、少し触れていましたが、
ここでは、省略したいと思います。

それでは、1つずつ説明したいと思います。

======================
不動産投資 A.サブリースについて
======================

ミャンマーでは、2013年現在、外国人は土地を買う事も、建物を買う事も許可されていません。

許されているのは、賃貸のみです。

ですので、借りた物件を、改修して価値を高めて、又貸しする、賃貸物件のサブリースという方法があります。

1000ドルで借りて、20000ドルで改修・家具を揃えて、2600ドルで貸す、というようなかたちです。

しかもミャンマーでは、1年分の家賃を前払いで支払うので、
20000ドルの改修と家具・調度品は、
前払いの2600ドル×12ヶ月の家賃で相殺できるかたちになります。

<初期投資(参考)>
賃貸料 1000ドル×12ヶ月= ー12000ドル
改修費(家具・調度品代含む) = ー20000ドル

<転貸の賃料(参考)>
賃貸料 2600ドル×12ヶ月= +31200ドル

つまり不動産のサブリースは初期投資300万円ぐらいから始められて、
2年目から毎年19200ドルのプラスのキャッシュフローになる
という事になります。

======================
不動産投資 B.コンドミニアムの購入について
======================

もうひとつの不動産投資は、
2012年に、ミャンマーの外国人投資法が新たに制定されて、
外国人でもコンドミニアムの購入が出来るようになりました。

どんな物件があるのか、また建設中のもの、
建設済みのものなどで条件が違うので、
詳しくは現地で実際に見る必要があります。

安いもので、初期投資100,000ドルぐらい、
最高級のもので、初期投資300,000ドルぐらいから
となります。

3年で3倍ぐらいの値上がりがあるのでは、
と聴いています。(あくまで参考にしてください)

======================
株式投資 C.ミャンマー国内株の購入について
======================

ミャンマーには、まだ証券取引市場がありません。

ミャンマー国内の企業が、
ミャンマー人、ミャンマー法人に対して、
株を個別に販売している状況です。

まだまだ、ミャンマーの株式投資は、始まったばかりであり、
外国人はまだミャンマー国内株は買えません。

では、外国人が今、
掴めるチャンスが何かというと、それは、

2013年に予定されている外国人の株の売買開始、
そして2015年の証券取引所の開設に向けて、
準備するという事です。

外国人が株を買えるようになった時に、
株価の大きな値上がりが期待できます。

そして証券取引所の開設にともなって
大きな値上がりが期待できます。

また、ミャンマーには、
既に上場に向けて動き出している企業が数社あります。

農業関連、建設関連、エネルギー関連、銀行、航空関連、などなど。

ぜひ、あなたにはミャンマーで、
そういう上場が予想されている企業をご覧いただきたいですし、

上条詩郎氏に準備の仕方を教わっていただきたいと思います。

======================
株式投資 D.ミャンマー株の購入について
======================

今のところ、「ミャンマー株」と呼ぶものは、
シンガポールに上場している、2社

・YOMAストラテジック・ホールディングス

・ossinoグループ

この2つの銘柄のみ、となります。

どちらも、ミャンマーの財閥が、シンガポールに持っている会社で、
この2社に投資することは、ミャンマー企業に投資することと、
限りなく同じことになります。

どちらも、楽天証券で、日本にいながら
購入する事ができます。

ちなみに、YOMAストラテジック・ホールディングスは、
ここ一年で株価が約10倍になっています。

======================
株式投資 E.ミャンマー関連株の購入について
======================

ミャンマー関連株、というのは、
ミャンマー国外(シンガポール、タイ、インドネシア、日本)で上場している会社で、
ミャンマーに関連した事業を行っている会社の株です。

ミャンマーに関連した事業を行なっていたり、
ミャンマーの企業と事業提携を行なっているので、
ミャンマーの急激な成長に合わせて、
業績が上がる事が予想される会社ということになります。

どんな会社があるのか、というと
こちらに一覧があります。
http://bit.ly/18QvYSW

どれも、右肩上がりなので、詳しく見てみると面白いです。
(どれも、ここ1年で2~4倍ぐらい)

これらは、楽天証券で、日本にいながら
購入する事ができます。

以上、ミャンマーの急激な成長に合わせて、
あなたの資産を殖やす方法を、お伝えさせていただきました。

 

感謝をこめて
廣瀬

スタバの2.5倍スゴイこんなカフェ

斎藤です。
神楽坂のカフェより。

最近、神楽坂のとあるカフェが好きでよく行きます。
チェーン店なのですが、
平日でも土日でも昼過ぎはいつもいっぱいです。

スタバやタリーズなどと同様なカフェで
良い雰囲気で過ごしやすい店内になっています。

が、実はちょっとした差ではあるものの、
一部抜きんでた違いがあります。

カフェによく行く人は知っていると思いますが、
スタバやタリーズでは自分のタンブラーを
持っていくとコーヒーの値段が割引きになります。

私の記憶が正しければ、自分のタンブラーを持って行くと
スタバは20円、タリーズが30円値引きされます。

違いはここにあります。
ここはなんと50円引きになります。

さらに、それだけではなく、
店員の人にこう聞いてみたところ、

自分
「Mサイズってどのくらいの量ですか?
スタバのトールと同じくらいですかね?
このタンブラーに入るか知りたいんですが」

返ってきた答えが驚きでした。

というのも、

謎のカフェ店員
「240ccほどですね。
ただ、タンブラー持参の方には3割増しで提供しております。」

という答えが返ってきたからです。

それを聞いて

「え!?50円引きでさらに量は3割増し??」

これはお得だ!と特売のチラシを眺めて
目を輝かせている主婦のようにウキウキしてしまいました。

ちなみにこのカフェはここです。
http://bit.ly/a8VpX

ただか数十円の話なのですが・・・。

面白いもので、たかだか数十円の違いで
これほどまで心が動くんだなと思いました。
(私だけかもしれませんが)

一方で、高い買い物をしていると、金銭感覚がずれることがあります。

例えば、車を買って100万円単位のお金のことを考えていると、
つい、1万円、2万円が少なく感じてしまって、
たかだか1万円、となってしまいがちです。

コーヒーの10円、20円は気になるのに、
車の1万円、2万円は気にならなくなる、
という何とも不思議な現象が起こるわけです。

どんなに客観的に見ようとしたって
人間は感情の生き物ですからその日の体調や
出来事が影響を及ぼすでしょうし、
人間、完璧ではありません。

ゴルゴ13のようになれれば別かもしれませんが、
ほとんどの人はそうはいかないでしょう。

では、客観的な判断をするためにはどうすればいいのか?

その答えの1つは「数字で考える」です。

私も誰かにビジネスの場面で何か説明するときには
具体的な数字を使いますし、
広告費の判断や売り上げ予測などは全て数字で考えます。

以前、ライフネット生命の出口さんをお呼びして
講演会を開いたことがありますが、
出口さんも講演の中で数字で考える、
ということを何度も話していました。

出口さんといえば、戦後初めて保険会社を親会社としないで
ゼロから生命保険会社を立ち上げた人物で、
国から許可をもらって営業を開始してから
4年もかからずに株式上場を果たしています。
しかも、上場させたときは63歳という年齢でした。

ビジネスを志す者としては、
数字で考える、ということは基本であり、重要事項ですね。

 

440万人が見た1日2分で結果が出る映像!?

斎藤です。

今日はとても興味深い映像をご紹介します。

何でも1日2分間、あるポーズをとることによって
人生が変わるという研究結果があるそうです。

その辺の適当な人が憶測で言っているのではなく、
プリンストン大学で博士号をとっている社会心理学者が
その秘密を明かしています。

ちなみにプリンストン大学は日本でも
聞いたことがある人は多いと思いますが、
非常にハイレベルな大学です。

どのくらいすごいかは日本の最高学府である
東大と比べると分かりやすいかもしれません。

東大は世界大学ランキング(※)にて27位と
アジアでも最も高いランキングになっていますが、
プリンストン大学は世界ランキング6位と
東大の遙か上にランクインする大学です。

しかも、1746年創立とものすごい歴史があり、
アメリカの大統領も輩出しており、
ハーバード大学などとともにアイビーリーグを
構成している超名門校ですね。

※Times Higher Education2012-13の
世界大学ランキングにおいて

ちょっと信じがたい内容の動画なので
まさかとは思ってしまいます。

が、目の見えない人がとるポーズの説明のくだりを聞くと、
確かにあのポーズは意味があるのだろう、と思えます。

1日2分間で人生が変わる!?
440万人が見ている話題の動画。
http://bit.ly/110rL9O

 

絶対に売れる法則?

斎藤です。
茨城に向かう電車の中から。

実家のある茨城に帰る用事ができたため、
その帰りの電車で書いています。

東京から実家までは、
上野駅から常磐線というJRの線に乗って帰ります。

すると、ちょっとした驚きと感動が・・・。
「絶対に売れる法則」
http://www.www.business-creator.jp/tool/cs2/717/

 

ついに登場!? Googleの「お墓」

斎藤です。
秋葉原のオフィスより。

Googleのサービスって
どのくらいあるか知ってますか?

検索はもちろん、メール、カレンダー、マップ、アクセス解析、
AdWords(広告)、AdSense(広告)、ドライブ・・・
などなど、実に多くのサービスを提供しています。

でも、全てが続いているかというとそうではなくて
すでに終わってしまったサービスもあります。

例えば、先日、Googleリーダーが終了する、
ということでちょっとした話題がありましたね。

そんな中、またGoogleが新しいサービスを・・・
というわけではないのですが、
実は「Googleのお墓」があるんですね。

http://slate.me/ZwpoM0

Googleといえど、
100発100中なんてことはないわけで、
うまくいくサービスもあれば、
うまくいかないサービスもあるということが分かります。

要するにGoogleのような
世界を代表するような企業であっても、
失敗なんてよくあることです。

ましてやこれからビジネスをやろうと思っているのであれば、
失敗は当たり前の心構えが必要です。

失敗というとイメージが悪かったり、
立ち直れるか不安になったりといろいろと
マイナスのことばかりを考える人もいますが、
ビジネスを志す者としては、
失敗しないでうまくいくなんて思わない方がいいもの。

料理と同じようなもので、
いくらやり方や考え方を学んでいたとしても
実際に作ってみないとうまくいくかは分かりません。

普段、料理していて

「一発でうまいのが作れなかったらどうしよう・・・」

なんて考える人はいないと思います。

塩味が足りないと思ったら塩を入れて
うまみが足りないと思ったらダシを入れればいいわけです。

ビジネスもこんな感覚でやってみて修正、という姿勢が一番早い。

 

新ビジネスを急成長させた方法と4つの事例

斎藤です。
秋葉原のオフィスより。

先日、といっても昨年の11月ですが、
TechCrunchTokyo2012という
イベントに行ってきました。

起業したてのいわゆるスタートアップ企業が集まる
イベントで海外からの参加者もいて、
いろんなビジネスのプレゼンを聞けてとても楽しかったです。

その中で、失礼ながら一見すると地味な
スタートアップ企業がブースを出していました。

クラウドで請求書の管理・発行、
さらには郵送まででてきてしまうという
サービスを提供している会社です。

そのときは

「へ~。こんなのもあるだな。ちょっと便利かも」

といった具合で特に大きな関心はありませんでした。

が、今日、ある記事を読んでいたら
実はその会社、最近、急成長している会社のようで
いろいろと注目を浴びているようです。

「あのときもっとよく見ておけば良かったかも・・・」

なんて思いながらも記事を読んでいると、
なかなか面白い。

なんせ、

  • 効果的だったFacebookの広告
  • 人に強い印象を与えてその後の販売につなげる効果的な方法
  • など、できるだけお金をかけないで、効率的に顧客を獲得していく、
    方法について書かれていたので。

    ちょっと専門用語がでてきて
    分かりにくいところもあるかもしれませんが、
    4つの事例とともに、どうやってビジネスを成長させていったか、
    を解説してくれていますので、参考になることは多いと思います。

     → http://bit.ly/104s8EN